Skip to content Skip to main navigation Skip to footer

スペース

スぺースとは、ワークスペースの下位にある階層。

画面表示に関して

サイドバーなどに「すべてのスペース」が表示される。ただし、スペースに含まれるフォルダやリストを展開して表示できるのは1つのスペースのみ。

スペースBを展開するとスペースAにあるフォルダやリストは閉じられる。

すべてのスペースを統合するEverything

Everythingという特別な階層で、そのワークスペースにある全Spaceを縦断して表示できる。

その他スペースの機能

  • ユーザーの招待はスペースごとに行える。
  • また、ClickAppsもスペースごとに設定できる。
  • 進捗ステータスも設定でき、ワークスペースに設定されているステータスを上書きできる。

スペースの使い道

大きな組織の場合、スペースは部門分けに使われることが多い。営業部、経理部、総務部、マーケティング部など。

複数企業にかかわるコンサルタントやフリーランサーの場合、顧客ごとにスペースで分けると利便性が上がる。ワークスペースで分ける場合は、その顧客の規模がよほど大きくないと手間に見合わないことが多いため。

仕事と個人のタスクを合わせてClickUpで管理する場合も、ワークスペースではなくこのスペース単位で分けたほうがよい。

スペースで分けると、

  • ワークスペースより切替が素早くできる
  • Everythingビューですべてのスケジュールにバッティングが無いか確認できる
  • 仕事で有料プランにすると個人でも有料機能が使える

といったメリットがある。

デメリットとしては

  • 個人のみで有料機能が必要だとしてもワークスペース全体をアップグレードする必要がある
  • 仕事と個人を完全に区分けできるわけではない

といったものがある。

スペースの下位にはフォルダもしくはリストを作る。フォルダを作る場合はその中にリストを入れる。

参考:https://sysarc.info/clickupdetail-hierarchy/

Was This Article Helpful?

1
0 Comments

There are no comments yet

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です