Skip to content Skip to main navigation Skip to footer

タスク間関連性

ClickUpではタスク間に関連性を設定することができる。

関連性が設定されたタスク間は1クリックで移動できる。

ガントチャートでは、片方のタスクが完了してからもう片方に取り掛かるという、タスクの実行順序の概念を設定することも可能。

半角で@を2つつなげると、タスクにメンションすることができる。

たとえばタスクの説明文欄にメンションで関連性作成すると、下記のようにステータスカラーとともにタスク名がボタン表示される。

リンクされた側のタスクから見ると、バックリンクのリレーションシップとしてカスタムフィールドが作成される。

リレーションシップ欄ではAddボタンからタスクやドキュメントの添付、関連性の設定も行える

ガントチャートビューを使うのであれば、タスク間の関連性はあるタスクの開始に別のタスクの終了が必要という順序をもたせると一目でボトルネックが把握できる。

この場合、タスク詳細画面のリレーションシップ欄にはアイコンが付き、現在実行できるタスクかどうかが判断できるようになる。

Was This Article Helpful?

0
0 Comments

There are no comments yet

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です